バイリガルになりたいと思う

複数の言語を話すことができるバイリンガルになりたいと思っているような日本人の中には、教育(英会話、留学)という方法によって英会話を習得しようとする人もいます。教育(英会話、留学)をすることの意義は英語だけではなく、その国の文化にも触れることができることです。


日本の国内でも英会話を学習することは可能ですが、英語を学習してバイリンガルと呼ばれるほどに日本語と同じように英会話を話せるようになるためには、英語の文化についても深く知る必要もあります。


例えば日本人ならば誰でも知っている単語の一つとして、徳川家康という単語があります。
これはもちろん歴史上の人物の名前を表わす単語ですが、日本語を母国語としない人間がより正確に日本語を話すことができるようになるには、こうした単語も覚えておく必要があります。


なぜかというと日本人ならば誰でも知っていて当然の言葉だからです。ネイティブの日本人と会話をする場合には会話の中でそうした単語が出てくることも当然ありえます。この言葉の意味を知っていないと日本語が理解できなくなるということもあります。


こうしたことはそのまま英語を学習する場合にもそのまま当てはまります。つまり言葉を学習する際には文法などだけではなく、その国の文化も理解する必要があるということです。
教育(英会話、留学)では外国に滞在することによって、その国の文化もしっかりと学ぶことができるので、日本ではわからないような、その国の人間ならば知っていて当然ということを多く学ぶことができます。これがバイリンガルとなるためにはとても重要になります。


また教育(英会話、留学)には高尚な文化だけではなく、その国に暮らす普通の人の文化を学ぶことができるメリットもあります。学校などで教えてくれる英語は文法なども正確できれいに整えられていて、単語なども適切なものが使用されていますが、実際に英語のネイティブスピーカーと話す人と話す場合には、そのようなきれいに整えられた英語ばかりを聞くことができるとは限りません。
スラングと呼ばれるような言葉が普通に使用されていることもあります。
こうした言葉を自分から積極的に使用する必要性はありませんが、バイリンガルとなるためにはそうした言葉があるということだけは最低限知識として知っておく必要があります。こうした知識は教育(英会話、留学)で日常生活の中で英語を使用することで得られることも数多くあります。

英語を使いこなしている人って 若い人の言葉の使い方は 言いたい事を言えるように覚えたい 海外での居住経験はやはり大きい

リツイートしてね

Twitter